2015年7月8日水曜日

Deep Dreaming Fear & Loathing in Las Vegas: the Great San Francisco Acid Wave



「神経回路網はどのような働きをしているのか?」ということを解明するため、Googleが新たに開発した人工知能が「DeepDream」です。画像から少しでも見覚えのある物体を見つけ出し、それを再構成して出力するというものなのですが、実際に作られた画像が「悪夢のようだ」と話題となっており、ムービーが公開されたところ、ホラー映画どころではないとんでもない仕上がりになっていました。

Googleは何百枚もの写真を人工知能に見せることで物の分類を可能にした「人工神経回路網」なるものを開発したことを6月17日にブログで発表。Googleの画像検索で利用されている人工知能は画像を特定するパターンを見つけますが、人工神経回路網は画像の中から少しでも見覚えのあるパターンを探しだしたら、それを再構成して画像に出力するというものとなっています。

人工神経回路網は10~30のレイヤーから構成されており、1枚目のレイヤーは画像の情報をインプットして「角」や「端」を探し、2枚目・3枚目と続くレイヤーは基本的な物体の情報を把握、最終的なレイヤーが情報を組み立てて物体が「何か」を判断する、という仕組みです。


エグイしナマイな!気持ちわりーww 人工知能が感情を持ち出したら人類は終焉を迎えるってウ・ワ・サ。そして、既にもー感情を持つ人工知能は誕生しているってウ・ワ・サwwもしかするとこの動画にサブリミナル仕込まれてるかもしれませんので閲覧注意かもね

0 件のコメント:

コメントを投稿