2015年6月13日土曜日

凪の片 須田一成



【物草拾遺】
ありきたりの、どこにでも転がっているものを拾い集めることは、私の写真行為そのものだ。しかし、本人にとってそれらは決して屑なでではない。実は「宝さがし」のような興奮をともなう、厭句事ない発見なのである。

【東京景】
街は人が創ってゆく。そこで日常をおくる人々の景色の中に私のもとる場所があるのだと思う。

【凪の片】
年齢を重ねるうちに身体の動きも緩漫になる。かつては鮮度重視とばかりに先へ先へと急いでいた思考も、生の限界を知るにつれて立ち止まり、自分が見続けたものの本質の肌触りを楽しみたいと考えるようになった。すると、一瞬一瞬の移りゆく時の流れが、時間のない茫漠たる世界の一片にすぎないのではないかと思えてきた。今、この時こそ永遠 - というパラドックスが、なぜか自然に受け入れられたのである。

0 件のコメント:

コメントを投稿